トップページ > 発声はイメージとパターンが重要
発声はイメージとパターンが重要

ボイストレーニングの現場では、よく「歌声はお腹から」という表現が用いられます。
歌唱技術を向上させるためには、体の部位をどう使うかというイメージが重要で、意識の持ち方を少し変えるだけで格段に上達が早くなる、という例が珍しくありません。

例えば、高音を出すときには「頭のてっぺんから声を上げる」イメージが大切です。
あるいは「喉から押し出す」といった表現がよく用いられます。
対して、低音を出す場合のイメージは「腹筋を響かせる」、あるいは「胸で歌う」といった表現がなされます。
個人によってそれぞれ理解しやすいイメージというのが微妙に異なるはずですから、歌の練習を続ける過程で独自のイメージを確立していくとよいでしょう。
ある瞬間に「これだ」というイメージにきっとめぐり合えるはずです。

大抵の人にはそれぞれ、得意な分野と苦手な分野の曲があります。
演歌が得意な人は声の抑揚がよく効いていますし、ラップが得意な人は優れたリズム感を持っています。
つまり、様々なパターンの曲を練習することで、歌唱技術は総合的に向上していくということです。
例えば、声量に自信が無ければロック調の曲を、滑舌が悪い場合はテンポの速い曲を中心に練習していきましょう。
カラオケは十八番と呼ばれる曲があれば問題ありませんが、歌唱力そのものを高めたいのであれば、苦手な分野の曲に挑戦してこそ大きな成果を得られるのです。
苦手なポイントがあれば「なぜ苦手なのか」を分析することできっとその弱点は克服できるようになるでしょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 ボイストレーニング入門 . All rights reserved