トップページ > ボイストレーニングの基本は
ボイストレーニングの基本は

本格的にボイストレーニングを行なう場合は、まず簡単なストレッチから始めましょう。
声はいくつかの筋肉を使って出すものですから、体を温めておいたほうが歌いやすくなります。
特に首回り、お腹(腹筋)、背筋は重要です。
屈伸運動やマッサージでよくほぐしておきましょう。

声量を高めるためには最低限の筋力が欠かせません。
アスリート並みに鍛える必要はありませんが、腹筋や背筋は標準以上の力を維持するように努めてください。
特にジョギングや水泳は、筋力に加えて肺活量もアップするのでおすすめです。

発声練習を行なう際は、まずは地声、次に自分の出せる最も高い音、そして最も低い音の3種類から取り組んでみましょう。
それぞれ何秒間連続して声を出し続けられるか、計ってみます。
繰り返して発声を続けることで、徐々にタイムが伸びていくはずです。
ただし、長時間やり続けると喉の負担になるので、毎日時間を区切って練習に取り組んでください。
慣れてきたら徐々に長くしても問題ありません。

ドレミに沿って音程を強化するのも良いのですが、実際に課題曲を決めたほうがやり甲斐があって練習が長続きする方が多いようです。
まずは音程を意識して、全ての歌詞をハミングで歌ってみましょう。
歌うときには意識をお腹に集中してください。ブレスの位置を確認したら、今度は歌詞に沿って歌っていきます。
言葉を口にする際に気をつけたいのがリズムです。
音程が取れるようになったらアクセントやイントネーションを意識してみましょう。

関連エントリー
Copyright © 2009 ボイストレーニング入門 . All rights reserved