トップページ > 自宅でできるボイストレーニング
自宅でできるボイストレーニング

一般にボイストレーニングというと、専門家の指導が欠かせない練習というイメージがありますが、やり方次第では自宅でも簡単に実践が可能です。
音域は広ければ広いほど良いわけですが、プロになる場合は別として、1オクターブ歌えれば問題はありません。
ですから、まずはドレミから歌ってみましょう。
とはいえ楽器の音に合わせて発声する必要は無く、高い音から順に発声し、最後に一番低い音を発声すれば、それがあなたの「音域」になります。
繰り返して練習しているうちに、徐々に発声できる音域が広がっていくのが実感できるはずです。

発声は音の高さによって体の使う部位を変えていきます。
低音はお腹から胸で響かせて、高音は喉から頭に響かせるイメージです。
音程のずれている人は喉から先だけで歌おうとしている場合が多いので、声の響かせる場所を体の中心より下に持っていくことをイメージしてみましょう。
かといって、力みすぎると声が出なくなりますから、肩の力を抜いてリラックスした姿勢で練習してくださいね。

手軽でしかも高い効果を持つトレーニング方法として、バケツを利用した練習が挙げられます。
バケツを頭にかぶって歌う、これだけで音程のコントロールが格段に上達します。
というのも、バケツの中で歌うと音が反響し、「自分の歌声」を客観的に聴くことができるようになるためです。
音がずれるとそのミスが自分の耳にすぐ伝わるので、自然と矯正が行なわれていくのです。

関連エントリー
Copyright © 2009 ボイストレーニング入門 . All rights reserved