トップページ > 腹式呼吸の方法
腹式呼吸の方法

歌唱力をアップするために欠かせないのが腹式呼吸の会得です。
通常、私たちは「胸式呼吸」と呼ばれる胸部を中心とした呼吸を行なっています。
胸式呼吸は酸素を取り込める量が少ないため、歌う場合には何度も息継ぎをしなければ声が続きません。
一方、腹式呼吸は一度にたくさんの酸素を取り込めるため、少ない息継ぎで力強い声が出せるようになります。
こうしたメリットが注目され、現在ではボイストレーニングはもちろん、ヨガや美容の分野でも腹式呼吸の利用が推奨されています。

上手に歌うコツとして、しばしば「腹から声を出す」という表現が用いられます。
この腹から声を出す」という歌唱技術こそ、腹式呼吸によって得られるスタイルなのです。
腹式呼吸を覚えると、息が長く続くので力強い歌声が手に入りますし、また、息継ぎに余裕ができるのでリズムも取りやすくなります。
さらに、声量が増すことでコントロールできる音域が増えるという方も少なくありません。

腹式呼吸を覚えたい方は、「鼻で吸って口で吐く」という意識を持つことから始めてみましょう。
さらに、息を吸い込むときには腹を膨らませて、息を吐く時にお腹をへこませてください。
人間は睡眠時には誰もが腹式呼吸を行なっています。
最初は違和感があっても、呼吸に気をつけながら歌っているうちにコツが分かってくることでしょう。
どうしても腹式呼吸が身に付かない、という方は、並行して筋力トレーニングを取り入れてみましょう。
特に上半身の筋肉を鍛えると、腹式呼吸が身につきやすくなるといわれています。

関連エントリー
Copyright © 2009 ボイストレーニング入門 . All rights reserved