トップページ > カラオケで工夫する方法
カラオケで工夫する方法

カラオケが上達する手軽な方法としては、「マイクの持ち方を変える」というテクニックがよく知られています。
通常、マイクは「縦」に持つ方が多いと思いますが、実はマイクは「横」に持ったほうが音を綺麗に拾ってくれます。
マイクを水平に持つように意識して歌ってみてください。
それだけでも歌の聞こえ方がだいぶ変わってくるはずです。
特に声が小さい人、歌が途切れがちな人はマイクの持ち方を間違っている可能性があります。
マイクは水平に持つと、高い声も低い声も拾ってくれるようになります。

重いものを持つと高い声が出る、という話をご存知でしょうか。
これは重いものを持つときに使う筋肉と、高い声を出すときに使う筋肉が同じであるために起きる現象です。
高い声が出なくて苦労している方は、ダンベルやペットボトルを持ちながら歌の練習をしてみましょう。
きっと上達が早くなるはずです。
高音部分がしっかり歌えるようになると歌のレパートリーが広がるので、カラオケがぐっと楽しくなるはずです。

現在、カラオケでは採点式のマシンが人気を博しています。
採点式のマシンにはそれぞれに「癖」があるので、そのポイントを抑えることで比較的容易に高得点を狙うことができます。
ほとんどの場合、採点の基準は「音程」と「リズム」にあります。
つまり、楽譜どおりに歌うことで高得点が出やすくなる仕組みになっています。
逆に、こぶしを効かせたり感情的に歌ったりすると、どんなに上手く聞こえる曲でも減点される可能性が高くなります。
感情をやや抑えて、淡白な歌い方を心がけてください。

関連エントリー
Copyright © 2009 ボイストレーニング入門 . All rights reserved